良くない歯並び(不正咬合)の種類|叢生(そうせい)編

  • 女性医師在籍
  • 駅徒歩2分
  • 19時半まで診療
  • 駐車場50台

良くない歯並び(不正咬合)でお悩みの方は数多くいらっしゃいますが、その症状にはいろいろな種類があります。不正咬合の種類によって、「どのような問題があるのか」「どんな矯正治療が最適なのか」が変わってきます。今回は、不正歯列のなかでも日本人にもっとも多い「叢生(そうせい)」について解説していきたいと思います。叢生を改善するために矯正治療をお考えの方は、ぜひ参考にしてくださいね。

日本人にもっとも多い叢生とは?

厚生労働省が行う「歯科疾患実態調査(平成23年)」では、12~20歳の男女の前歯の不正咬合の状態として、叢生(そうせい)がもっとも多いという結果が出ています。2番目に多い上顎前突との差を見ても、いかに叢生の方が多いかが分かるでしょう。

※出典:厚生労働省 平成23年歯科疾患実態調査

叢生(そうせい)とは?

叢生は、歯が顎に入りきらず、重なり合ってデコボコになっていたり、ガチャガチャになっていたりする状態です。「叢生」と言うと耳慣れないかもしれませんが、いわゆる「乱ぐい歯」と同じ意味です。ちなみに、「八重歯」も叢生の一種です。

上記のグラフに登場する、他の不正歯列についても簡単に解説しておきましょう。

■上顎前突(じょうがくぜんとつ)
上の前歯が下の前歯より前方に突出した状態。いわゆる「出っ歯」のことです。

■空隙歯列(くうげきしれつ)
歯と歯の間に隙間がある状態。いわゆる「すきっ歯」のことです。

■開咬(かいこう)
噛み合わせたときに、奥歯は噛み合っているのに前歯が閉じない状態。「オープンバイト」とも呼ばれます。

■過蓋咬合(かがいこうごう)
噛み合わせたときに、上の歯が下の歯に著しく深く覆い被さっている状態。「クローズドバイト」とも呼ばれます。

■下顎前突(かがくぜんとつ)
上の前歯が下の前歯よりも後ろにある状態。いわゆる「受け口」のことです。「反対咬合」とも呼ばれます。

叢生の原因

叢生は、顎が小さいことが原因で起こることが大半です。顎が小さい人は永久歯が生えるスペースが足りず、後から生えてくる歯が歯列からはみ出し、結果として歯並びがデコボコになってしまうのです。余談かもしれませんが、日本人に叢生の人が増えているのは、近年の食習慣と関わっていると言われています。やわらかい食事が増え、よく噛まなくなったことで、顎が十分に発達しない日本人が増えているのです。

叢生のリスク

叢生の最大のリスクは、虫歯や歯周病にかかりやすいことです。叢生の人は、歯がデコボコで重なり合う箇所が多いため、きれいに歯を磨くのが難しく(歯垢が溜まりやすく)、どうしても虫歯・歯周病のリスクが高くなってしまいます。もちろん、ガチャガチャの歯は年齢・性別を問わず、見た目の面でもマイナスポイントになってしまいます。

叢生の矯正治療

まだ顎の骨が成長過程にある子供のうちなら、非抜歯で矯正できるケースも多々あります。もちろん、大人になり、永久歯が全部生え揃った後の矯正もできますが、抜歯が必要になることがあります。なお、軽度の叢生であれば、歯を削って改善することも可能です。

矯正治療に使用する装置もケースバイケースです。裏側矯正も含めワイヤー矯正は幅広く適用できますが、インビザラインなどのマウスピース矯正で治療できる場合もあります。また、一部の歯だけが叢生になっている場合は、部分矯正で改善できる場合もあります。お子様の歯並びが心配な親御様、またご自身の叢生・乱ぐい歯が気になる方は、まずは歯科医院でカウンセリング・診断を受けてみましょう。
次回は、日本人の不正咬合で2番目に多い「上顎前突(出っ歯)」 について詳しく解説していきます。

一覧へ戻る

スワン歯科グループ関連サイト

  • Seminar 無料矯正説明会 専門医があらゆる疑問にお答えします 詳しくはこちら
  • Question 無料メール相談お口に関することなら何でもご相談ください。詳しくはこちら
  • Seminar無料インプラント説明会最新のインプラント治療動向について担当医がご説明いたします!東京会場名古屋会場
  • インビザライン治療ブログ 歯科医療法人スワン会で働くスタッフの矯正治療体験記

トップへ戻る

トップへ戻る

文字サイズ変更
最大
標準