矯正治療後に歯並びがまた悪くなることがある?

  • 女性医師在籍
  • 駅徒歩2分
  • 19時半まで診療
  • 駐車場50台

Q&A

矯正治療を受けた後、歯並びがまた悪くなってしまうことはありますか?

港スワン歯科・矯正歯科からの回答

誰であれ、矯正治療後に再び歯並びが乱れてしまうリスクはあります。なぜなら、矯正治療によって移動させた歯は、矯正装置を外すと再び元の位置に戻ろうとするからです。矯正によって動かした歯が元の位置に戻ることを「後戻り」と言いますが、この後戻りを防ぐためには「保定」が欠かせません。保定とは、歯の位置が安定するまでの間(1~2年程度)、お口に保定装置(リテーナー)を装着することです。

リテーナーは自分で取り外しができますが、決められた装着時間を守らないと後戻りが起きてしまいます。矯正治療できれいになった歯並びをキープするためには、保定期間が終わるまでリテーナーの装着時間をしっかり守りましょう。

スワン歯科グループ関連サイト

  • Seminar 無料矯正説明会 専門医があらゆる疑問にお答えします 詳しくはこちら
  • Question 無料メール相談お口に関することなら何でもご相談ください。詳しくはこちら
  • Seminar無料インプラント説明会最新のインプラント治療動向について担当医がご説明いたします!東京会場名古屋会場
  • インビザライン治療ブログ 歯科医療法人スワン会で働くスタッフの矯正治療体験記

トップへ戻る

トップへ戻る

文字サイズ変更
最大
標準