矯正治療中は口内炎になりやすい?

  • 女性医師在籍
  • 駅徒歩2分
  • 19時半まで診療
  • 駐車場50台

Q&A

矯正治療中は口内炎になりやすいのですか?

港スワン歯科・矯正歯科からの回答

矯正中、口内炎になりやすいとされているのは事実です。ブラケットという、歯にボタンのような突起を装着してワイヤーをかける治療法の場合、突起の部分が擦れてしまうことが原因の一つです。口内炎は矯正装置を初めて装着したときや、交換したときにできやすいため注意しておきましょう。

口内炎予防のためには「きちんと休養する」「食事はバランスよく摂る」など、生活環境を整えておく必要があります。生活環境を整えておけば、自然と口内炎ができにくい口腔内環境にできるでしょう。

また、どうしても口内炎を防ぎたいのであれば、インビザラインという透明のマウスピース型の矯正装置を使用した治療法を選択するのも、一つの手段です。インビザラインにはブラケットのような突起がないため、口腔内を傷つける心配がありません。

スワン歯科グループ関連サイト

  • Seminar 無料矯正説明会 専門医があらゆる疑問にお答えします 詳しくはこちら
  • Question 無料メール相談お口に関することなら何でもご相談ください。詳しくはこちら
  • Seminar無料インプラント説明会最新のインプラント治療動向について担当医がご説明いたします!東京会場名古屋会場
  • インビザライン治療ブログ 歯科医療法人スワン会で働くスタッフの矯正治療体験記

トップへ戻る

トップへ戻る

文字サイズ変更
最大
標準