歯ぎしりがおこる理由

  • 女性医師在籍
  • 駅徒歩2分
  • 19時半まで診療
  • 駐車場50台

Q&A

なぜ睡眠中に歯ぎしりをしてしまうのでしょうか?

港スワン歯科・矯正歯科からの回答

歯ぎしりの原因として、下の歯のかみ合わせの悪さが挙げられていますが、ストレスも多く関係しています。とくに、日常生活で強いストレスを感じている場合は要注意です。眠っている間に無意識で食いしばりをおこし、歯ぎしりをしてしまうのです。さらに、歯ぎしりによって歯の表面が削れることで、知覚過敏の原因にもなります。

睡眠中に無意識に行う歯ぎしりは自分で気が付くことが難しいため、周囲からの指摘や歯科医院での定期検診ではじめて自覚する方もいます。治療法として、歯科医院で歯型をとってマウスピースを作製して就寝時に装着することで、歯ぎしりによる歯へのダメージを軽減させることが可能です。また、マウスピースの他、矯正治療によって歯並びを整えて噛み合わせをよくしたり、既存の詰め物を取り換えたりすることで歯ぎしりを改善させる方法もあります。

スワン歯科グループ関連サイト

  • Seminar 無料矯正説明会 専門医があらゆる疑問にお答えします 詳しくはこちら
  • Question 無料メール相談お口に関することなら何でもご相談ください。詳しくはこちら
  • Seminar無料インプラント説明会最新のインプラント治療動向について担当医がご説明いたします!東京会場名古屋会場
  • インビザライン治療ブログ 歯科医療法人スワン会で働くスタッフの矯正治療体験記

トップへ戻る

トップへ戻る

文字サイズ変更
最大
標準