皆様に安心して治療を受けて頂くために

当院で取り組んでいる感染症対策についてご案内します。 感染症予防対策はこちら

Q&A

インプラント治療の1回法・2回法とは何ですか?

港スワン歯科・矯正歯科からの回答

インプラント治療の1回法とは、手術が1回で済む方法です。歯茎を切開して顎の骨にインプラントを埋め込みますが、インプラントと人工歯を結合する土台の部分は歯茎から出しておきます。インプラントと顎の骨が結合したら、土台の上に人工歯を装着します。1回法は歯茎を切開する手術が1回で済むので、患者様の負担も少なく済みます。

2回法は、2回の手術が必要になります。1回目の手術でインプラントを埋め込んだら、歯茎をいったん縫合するのが1回法との大きな違いです。その後、インプラントが顎の骨が結合したら再び歯茎を切開してインプラントを露出させ、その上に土台部分と人工歯を装着します。2回法は細菌感染のリスクを下げられるのがメリットですが、手術が2回になるため患者様の負担は大きくなります。

手術による患者様の負担を考えれば1回法によるインプラント治療が理想ですが、どんな症例でも1回法で対応できるわけではないということは知っておきましょう。


矯正・インプラント・ホワイトニングの
初回無料相談実施中!

初診予約
emailメール
診療予約
call052-384-6300