Q&A

歯が黄ばんで見えるのはどうしてですか?

港スワン歯科・矯正歯科からの回答

歯の表面はエナメル質で覆われています。エナメル質の内部には象牙質がありますが、エナメル質が摩耗などによって薄くなると、象牙質の色が透けて見えるようになります。象牙質はもともと黄色がかっていますが加齢とともにより黄色く変色するため、年を重ねると歯が黄ばんで見えやすくなるのです。また、エナメル質にもカレーやコーヒーなどの色の濃い食事や、タバコのヤニなどによって少しずつ着色汚れが蓄積されていきます。

歯の着色汚れはブラッシングだけで取り除くことが困難であるため、歯を白くするにはホワイトニングが効果的です。ホワイトニングには歯科医院で行うオフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングがあり、施術を受ける期間や希望する歯の白さに適した方法を選ぶことができます。


初診予約
emailメール
診療予約
call052-384-6300