診療時間変更のお知らせ

2021年1月4日(月)より、下記の通り診療時間を変更致します。
【月~土曜日・祝祭日】9:30~13:00/14:00~19:00
【日曜日】9:30~13:00/14:00~17:30
恐れ入りますが、予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

Q&A

喫煙で黒くなった歯茎はもとに戻りますか?

私には喫煙習慣があります。日ごろから歯の黄ばみには気をつけていたのですが、最近歯茎の変色が気になってきました。黒くなった歯茎をもとのピンク色に戻す方法はあるのでしょうか?

港スワン歯科・矯正歯科からの回答

歯茎が黒くなる原因には、歯周病や、銀歯などが溶け出したメタルタトゥー、喫煙による色素沈着などが考えられます。歯茎の変色を放っておくと、歯や歯茎の異常を見逃してしまうおそれがあるので歯科医院で診察を受けましょう。治療によって歯茎をもとの色に戻すことは可能ですが、治療と同時に生活習慣や口腔ケア方法を見直して、歯茎の健康を維持することが大切です。

喫煙習慣が歯茎を黒く変色させる理由

健康的な歯茎がピンク色をしているのは、歯茎の中にある毛細血管が透けて見えているためです。タバコを吸うと、ニコチンの影響で歯茎の毛細血管が収縮し、血管内を流れる血の量が少なくなるため、歯茎が黒ずんで見えるようになります。

また、タバコを吸うと有害物質から歯茎を守るためにメラニン色素が作られます。通常、メラニン色素の働きは体内のビタミンCによって抑制されますが、タバコを吸うと体内のビタミンCが大量に消費されるため色素沈着がおこりやすくなります。喫煙歴が長くなるほど、歯茎はどんどん黒ずんでしまうでしょう。

喫煙が原因で起こるトラブルは歯茎の変色だけではない

タバコを吸うと歯茎の毛細血管の流れが悪くなり、歯茎に酸素や栄養が行き渡りにくくなります。すると、細菌への抵抗力が落ち、歯茎や骨などの組織が炎症をおこす歯周病のリスクが高まるでしょう。歯周病は重度になると歯が抜け落ちてしまう怖い病気なので、早めの治療が必要になります。

また、喫煙によって唾液の分泌が抑制されると、唾液による自浄作用が弱まることで、歯に歯垢や歯石が付きやすくなります。口腔内環境の悪化は口臭の発生にもつながるので、喫煙者は非喫煙者と比べて歯周病や口臭のリスクが高まることを覚悟しておかなければなりません。

過去の歯科治療が歯茎の変色に影響していることも

メタルタトゥーとは、歯科治療の素材として使った金属が経年劣化によって溶け出し、歯茎が帯状または斑点状に黒く変色した状態です。もし、過去の歯科治療で被せ物や詰め物に金属を使ったことがある場合は、歯茎の変色が喫煙によるものではなく、メタルタトゥーである可能性も疑われます。

歯茎の黒ずみがメタルタトゥーである場合は、歯茎の色を元に戻すために外科的な処置が必要です。過去の治療歴を確認して、歯科医院に相談しましょう。

レーザーなら歯茎の黒ずみを取り除くことができる

歯茎のメタルタトゥーや喫煙による色素沈着を取り除くには、歯科用レーザーによる治療が有効です。レーザーを歯茎に照射すると、レーザーが黒色に反応しメタルタトゥーの部分のみを除去することができます。治療の際は麻酔を施すため、痛みを感じることもなく、メスを使わないので出血もほとんどありません。

歯科用レーザーには「炎症を抑える」「組織の回復を促す」などの様々な効果があり、黒ずみの除去だけでなく虫歯や歯周病、歯茎の整形などの様々な治療に用いられています。

港スワン歯科・矯正歯科 院長より

歯科用レーザーによって歯肉表面の一層をピーリングすれば、健康的なピンク色の歯茎を取り戻すことができます。歯茎の黒ずみでお悩みの方は、レーザー治療の実績が多い歯科医院に相談してみましょう。

また、喫煙は歯周病の危険性を高める大きな要因となります。歯周病が重症化すると、歯茎から膿が出ることで歯茎が黒っぽくなることがあるので、歯茎の黒ずみに気づいたら歯科医院で歯周病の検査を受けましょう。歯茎の黒ずみは簡単に治療が可能ですが、むし歯や歯周病は歯を失う直接的な原因になるので、体や歯の将来を思うのであれば喫煙習慣そのものを見直すべきかもしれません。


矯正・インプラント・ホワイトニングの
初回無料相談実施中!

初診予約
emailメール
診療予約
call052-384-6300