インプラントの種類によって金属アレルギーが心配です。金属以外の選択肢はあるのでしょうか?

  • 女性医師在籍
  • 駅徒歩2分
  • 19時半まで診療
  • 駐車場50台

Q&A

インプラント治療を行ううえで金属アレルギーが心配です。金属以外を使用する選択肢はありますか?

インプラント治療を検討中ですが、金属アレルギーが心配です。治療を行ううえで、金属以外の結合部品を使用する選択肢はありますか?

港スワン歯科・矯正歯科からの回答

金属アレルギーの患者様にとって、顎の骨に金属を埋め込むインプラント治療は不安そのものかもしれません。しかし、インプラント治療は金属アレルギーの患者さんでも、基本的に問題なく治療を行うことができます。

インプラント治療では金属を使用する?
インプラントの構造

インプラントで金属を使用するかについて、まずはインプラントの構造から解説していきましょう。インプラント治療は、まず歯を失った部分の底にある顎の骨に「インプラント(人工歯根)」を埋め込みます。顎の骨とインプラントの結合を確認できたら「アバットメント(人工歯とインプラントの連結部)」をはめ、その上部に「人工歯冠」を装着していくのがインプラントの基本構造です。

使用する金属

インプラント治療では上記でご紹介した人工歯根、アバットメント、人工歯冠いずれにも金属が使用されます。ただ、歯冠部分とアバットメントは、金属性かジルコニアと呼ばれる非金属性のものどちらかを選ぶことが可能です。インプラント体はどうしてもチタンという金属を使用することになりますが、基本的にこのチタンで金属アレルギーを引き起こす可能性はほとんどありません。

金属アレルギーの患者様も安心の素材

インプラントの多くに使用されているチタンという素材。生体親和性に優れており、金属アレルギーを起こすリスクがほとんどないのが特徴です。そのため、金属アレルギーの患者様でも、問題なくインプラント治療を受けることができます。

ただ、通常に比べてあまりにも安価なインプラントの場合、チタン製といいつつ実は合金を使用している、といった可能性も否定できません。合金のインプラントを使用すれば、当然金属アレルギーの症状が出るおそれがあります。金属アレルギーを自覚している場合は、取り扱っているインプラントの材質についてもしっかり確認した上で、治療を受ける歯科医院を選択することをオススメします。

インプラント治療に抵抗がある患者様の選択肢

たとえ金属アレルギーの不安がなかったとしても「費用が高い」「治療期間が長い」などの理由から、インプラント治療に抵抗がある人は少なくありません。そうした患者様には「入れ歯」をおオススメします。入れ歯はインプラントに比べ噛む力や見た目の自然さには劣りますが、技術の進歩により入れ歯であっても不自由なく過ごすことは可能です。「インプラント治療はどうしても受けられない」という人はまず担当医に相談し、入れ歯での治療を検討してみてください。

港スワン歯科・矯正歯科 院長より

顎の骨に穴を開けて人工歯を埋め込むインプラント治療に対して、痛みやアレルギー反応、治療後のケアなどの点で不安を感じる患者様は少なくありません。しかし、当院にはそうした患者様の不安を取り除き、安心して治療を受けていただける環境が整っています。

失った歯をそのまま放置していると両隣の歯が倒れてきてしまったり、歯周病にかかってしまうおそれがあるため、できるだけ早く歯科医院に行き、適切な治療を受けるようにしてください。歯の状態について相談をしたのち、どのような治療を行っていくかについて歯科医師としっかり相談し決めていきましょう。

スワン歯科グループ関連サイト

  • Seminar 無料矯正説明会 専門医があらゆる疑問にお答えします 詳しくはこちら
  • Question 無料メール相談お口に関することなら何でもご相談ください。詳しくはこちら
  • Seminar無料インプラント説明会最新のインプラント治療動向について担当医がご説明いたします!東京会場名古屋会場
  • インビザライン治療ブログ 歯科医療法人スワン会で働くスタッフの矯正治療体験記

トップへ戻る

トップへ戻る

文字サイズ変更
最大
標準