審美治療で歯を削ることがあると聞いたのですが、痛みやしみることはありますでしょうか?

  • 女性医師在籍
  • 駅徒歩2分
  • 19時半まで診療
  • 駐車場50台

Q&A

審美治療で歯を削ることがあると聞いたのですが、痛みやしみることはありますでしょうか?

審美治療で歯を削ることがあると聞いたのですが、痛みやしみることはありますでしょうか?

歯を綺麗にしたいので審美治療を考えているのですが、治療では歯を削るという話を耳にしました。歯を削ると、やはり痛みやしみるなどはあるのでしょうか。できれば痛みなどのない治療が受けたいです。

港スワン歯科・矯正歯科からの回答

歯を削ると聞くと、「痛み」や「しみる」などの不安が出てきてしまうのは仕方ありません。ただ、審美歯科では歯を削るケースがあります。どんなときに歯を削る必要が出てくるのか、削ったときに痛みやしみるなどの症状はどれくらい出てくるかについて、以下で詳しく説明していきましょう。

どんなときに歯を削るの? 痛みは?

歯を削るのはむし歯のときだけと考える患者様もいますが、実際にはセラミッククラウンを代表に、審美治療においても歯を削るケースは多々あります。美しい歯並びを目指す場合に、大きすぎて悪目立ちする歯があったり、噛み合わせが調整できなかったりする場合は、歯を削らなければいけません。歯を削らぬまま審美治療を行うと、逆に不自然な見た目になってしまうケースがあります。

削るときの痛みや、しみるのかについて心配する人は多いですが、審美治療で削るのは歯のエナメル質の部分のみである場合が多く、基本的に「痛み」や「しみる」などの心配をする必要はないでしょう。歯を削った際に痛みを感じるのは象牙質からであり、むし歯の場合であってもエナメル質のみであれば痛みは少なく麻酔の必要もないのです。

ラミネートベニアという選択

痛みなどがないとはいえ、どうしても大幅に歯を削るのは心配だという患者様はいらっしゃるでしょう。そんな方におすすめしたいのが「ラミネートベニア」です。ラミネートベニアとは、歯のエナメル質を薄く削り、セラミック製のシェルを貼りつけ、見た目を白くする施術のこと。ホワイトニングでは難しいと判断された歯を白くすることが可能で、形も整えられるという特色から軽度のすきっ歯を改善することも可能です。

セラミッククラウンと似た治療法ではありますが、ラミネートベニアはセラミッククラウンと比べて歯を削る量が少なくて済み、患者様の不安を軽減することができます。ただ、どんな患者様にもラミネートベニアがおすすめというわけではありません。患者様のお口の環境によっては、セラミッククラウンの方が最適だったり、ホワイトニングだけで問題なかったりするケースもあります。

歯を削った痛みは痛み止めで抑えられます

審美治療では削る際に痛みが生じることはほとんどありませんが、エナメル質を削ることで象牙質が露出すると、水を飲んだときなどにしみるような痛みを感じる場合があります。痛み自体はそれほど続かず、痛みが出た場合も基本的に施術から2週間程度で治まりますが、我慢ができないようであれば痛み止めを飲みましょう。痛み止めを飲めば、ほとんどの場合いつも通りの生活を送ることができます。

港スワン歯科・矯正歯科 院長より

むし歯ではなく歯を綺麗に見せるための審美治療で、歯を削るというのには抵抗を感じる人もいるでしょう。しかし、理想の歯の色や形を手にするためには、ホワイトニングだけではどうしても難しいケースがあるのです。ラミネートベニアであれば、削る際の痛みはほとんど発生せず、安心して治療を受けることができるでしょう。

ただ、患者様のお口の環境によっては、ラミネートベニアよりセラミッククラウンやホワイトニングが適している場合もあります。何が自分にとって最適の審美治療なのかを判断するためにも、ぜひ一度歯科医院で診察を受けてみてください。

スワン歯科グループ関連サイト

  • Seminar 無料矯正説明会 専門医があらゆる疑問にお答えします 詳しくはこちら
  • Question 無料メール相談お口に関することなら何でもご相談ください。詳しくはこちら
  • Seminar無料インプラント説明会最新のインプラント治療動向について担当医がご説明いたします!東京会場名古屋会場
  • インビザライン治療ブログ 歯科医療法人スワン会で働くスタッフの矯正治療体験記

トップへ戻る

トップへ戻る

文字サイズ変更
最大
標準